2016年10月31日

将棋とか

将棋界の昨今の状況については、これ以上、泥々とした状況にならないと良いなあ、と切に思います。

1将棋ファンとしては、三浦九段が本当に不正をしていたのかどうかについては、まるで興味がありません。
重要なのは、コンピュータによる将棋がもはやトップ棋士でも遥かに追い付けない境地にあるということでしょう。それは3年前から既に明らかであったとはいえ。

今後頭脳ゲームとして将棋が存続しようとするなら、対局の前にオリンピックのドーピング検査のような厳しい事前検査が必要となるのは必然で、それが改めてハッキリしたという機会だったと思います。
コンピュータ将棋が人間を凌駕したことについて、魅力が無くなった等々の意見もありますが、私はそう思いません。

そもそも機械が人間より優れているのは当たり前で、しかし、例えば50ccバイクよりも遥かに遅いタイムでも陸上競技は普通に成り立っています。だから、ゲームの面白さについてはなんの心配もないです。
将棋に関して言えば、各所での大局感や終盤での震え、そうした人間ならではの技にファンは魅了される訳で、それは古今変わらないと思いますから。

ともかくも、今、将棋連盟に望むのは、対局にコンピュータの使用を封じるためにどんな手段が最適なのか考える、ということです。

もしこの点をおろそかにすると、数百年続いたこの素晴らしい頭脳ゲームも、時間潰しにスマホで遊ばれるだけの存在になるでしょう。
posted by kaji at 17:17| ハノイ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本語 / japonés | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおかたkajiに同意する次第です
不正があったのか否か、などという週刊誌的な話題は話半分に興味はあるけれども。

米長時代にすでにコンピュータがプロ棋士と渡り合えるらしい、となったときの対応のまずさが谷川時代にだらだら引き継がれてしまって、なんら建設的な対応をせずにドワンゴと組んでキャッチーなイベントとして先見の明なく棋士とコンピュータが対戦することになったことがいまだに解せず。

コンピュータがプロ棋士を越えるのは、将棋が「二人零和有限確定完全情報ゲーム」であるからには時間の問題であったからやむなし。だからコンピュータに先を行かれてもべつにいいや。
人間同士の対戦にこそ将棋の醍醐味があるわけで、それでもおれは将棋に対する興味は不動だにしないのである。

そんなことよりコンピュータを自身に組み込んだ千田君は画期的な存在であり、これこそが棋士の新しいスタイルなのではないかと思い、1年ほど前から注目してる。
たしかにコンピュータはすごいが、それを利用する千田もすごい(笑)

とは言えひとつ残念に感じることがある。
チェスのような世界的ゲームだと競技者vsIBMとかいう構図で盛り上がるのに、ガラパゴス競技の将棋だと相手がおれのパソ程度のスペックでなんか地味なことだ。
NECとか東芝が開いてだったらもっと盛り上がったのになー。

なお、モバイル持ち込みOKだったことにびっくり。
頓死は谷川会長だ。
競馬みたいに騎手が週末隔離されるとかそういうことしないといけないのかな。
Posted by あ左馬 at 2016年12月02日 21:16
コメントありがとう。
元気にしてますか?
確かに、いろんなことが対応まずいよね。まだ決着ついてないけど、どうなることやら…。
どうでもいいけど、2年前に買ったkindle用の小銭で買えるアプリですら、中々勝てません…。orz
Posted by kaji at 2016年12月05日 17:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443279717

この記事へのトラックバック