2011年10月26日

訃報

Manbou1.jpg

朝から快晴。

朝方はまだ寒かったものの、昼頃には大分気温も上がって来ました。

某現場に出かけて鉄筋の配筋の様子を少し眺めたのち、帰宅。

PCをつけてはじめて作家の北杜夫氏の訃報を知りました。

最近はあまり書いてみえないようでしたが、私が子供の頃に愛読した作家さんなので、感傷があります。

どくとるマンボウ航海記』、『楡家の人びと』、『船乗りクプクプの冒険』など印象に残る作品は幾つもありますが、その底に共通して流れる笑いが好きだったなあ、と・・・。

エッセイも面白いです。それも笑える面白さでした。

しかし今の本棚には氏の著作が一冊もありません。

ア○ゾンにて二冊購入。

久しぶりに読み返してみます。

それにしても、吉行淳之介氏、遠藤周作氏、私が若い頃に愛読した作家さんは皆いなくなってしまいました。

合掌。


ラベル:読書 日記 訃報
posted by kaji at 13:04| 愛知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本語 / japonés | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どくとるまんぼう。
読んだ覚えだけある。
でも、おもしろかったことだけは覚えてる。
ブックオフまで散歩してこようかなぁ。
Posted by あさま at 2011年10月26日 15:38
俺ももう久しく読んでないけど、笑える話が多かった。特にエッセーとか。

合掌。
Posted by kaji at 2011年10月26日 21:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック